【行方不明人調査の方法・費用・おすすめ探偵事務所】

行方不明人探しを始めるには?

 

行方不明人捜索に実績ある大手有名探偵社はコチラ(割引クーポンあり)

 

行方不明人のタイプ

所在調査の対象者はだいたい次のどれかです。

 

  1. 家出・失踪した親族・交際相手
  2. 金銭トラブルの相手・詐欺の加害者
  3. 昔の恋人や恩人、親友など
  4. 行方知れずの相続人
  5. 故人のお墓探し

 

1.家出・失踪した親族・交際相手

家出というと未成年のすることというイメージがありますが、成人の家出も多いです。

 

仕事に行き詰まって失踪した男性成人は自殺率が高く、注意が必要です。

 

認知症の老人、うつ病の患者なども重要なジャンルです。

 

未成年では女子の方が長期化・慢性化しやすく、事件に巻き込まれるリスクも高いです。

 

2.金銭トラブルの相手・詐欺の加害者

訴訟を起こすには相手の住所は必須の情報です。

 

警察に突き出す、通報する方が適切な場合もあるでしょう。

 

ただし、感づかれて逃げられたり、暴力で対応されるリスクもあるので、注意が必要な相手です。

 

3.昔の恋人や恩人、親友など

長年、音信不通だった懐かしい人に会えるのは、格別の喜びです。

 

しかし、相手は昔の友人・知人に会いたくない事情がある場合もあります。

 

そういう場合も想定した探し方、接し方が必要です。

 

4.行方知れずの相続人

遺産分割を決定するには、相続人全員の合意が必要です。

 

しかし、その中に連絡の取れない人がいて、相続が進められない場合があります。

 

この場合は、経費を使っても早く探し出して相続を進める方が得策です。

 

5.故人のお墓探し

既に亡くなっていることがわかっている人を探したい場合も、行方不明人探しの一種といえます。

 

故人の親族・友人経由で情報が取れない場合、探偵が探してくれます。

 

警察か、探偵か?

家出や失踪はまず警察に「行方不明者届け」を出してください。

 

従来は「捜索願」と呼ばれていたものです。

 

これには「届出資格」というものがあり、あなたが親族でも婚約者でもなければ、受理されない可能性もあります。

 

また「行方不明者」には「特異行方不明者」と「一般行方不明者」の分類があります。

 

「特異行方不明者」とは、犯罪や災害・事故に巻き込まれた可能性がある人、自殺の危険のある人、幼児や高齢者など、命が危ないかもしれない行方不明者です。

 

これは警察も真剣に探してくれます。

 

ただ、報道されて世間が関心を寄せている行方不明者と、もしかしたらただの家出かもしれない行方不明者では、警察も力の入り方に差が出るのは当然です。

 

「一般行方不明者」の扱いになると、大したことはしてくれません。

 

詐欺などの加害者を探す場合は、先に被害届を出しましょう。

 

  • 警察が取り合ってくれない
  • 警察は受理してくれたが、力が入っておらず、自分たちでも探したい。
  • 警察も真剣に探してくれているが、自分たちでもできるだけのことをしたい。

 

以上のような場合に、探偵の出番になります。

 

行方不明人捜索に実績ある大手有名探偵社はコチラ(割引クーポンあり)

探偵への依頼の仕方

上記のような人探しをしてくれる専門家は、探偵社あるいは興信所と呼ばれる業者です。

 

便利屋さんとかに依頼するのはやめておきましょう。

 

専門ノウハウも経験もないので、何かトラブルが起きた時に収拾がつかなくなる恐れがあります。

 

探偵社・興信所とは?

ほとんどの人にとって、聞いたことはあるが、具体的な業務内容も企業名も知らない存在だと思います。

 

業務内容は、浮気調査、人探し(家出人・行方不明人)、素行調査、盗聴器対策など。

 

一般的な仕事の比率は、浮気調査7割・人探し2割・その他1割くらいです。

 

行方不明人捜索に実績ある大手有名探偵社はコチラ(割引クーポンあり)

おすすめの探偵社

行方不明人捜索を依頼する探偵社選びのポイントは、次の2点です。

 

  1. 全国展開の大手探偵事務所
  2. 料金体系が明快なこと

 

行方不明人はどこにいるかわかりません。

 

全国どこでも手がかりがあったら即動いて裏を取りに行くこと。

 

それを迅速に低コストに行う上で、全国に拠点があることは非常に有利なのです。

 

ローカルな個人事務所に頼んだら、時間がかかる上、空振りの出張費まで全部請求されてしまいます。

 

また、かかる費用が事前にわかりにくいのも浮気調査や素行調査と大きく違う点です。

 

行方不明になってから時間が経っているほど、探すのが困難になり、費用もかかる可能性があることは理解しておいてください。

 

だから料金体系が明快な会社を選ばないと不安でたまりません。

 

行方不明人捜索にお勧めの探偵事務所

原一探偵事務所がイチオシでしょう。

 

理由は下記のとおり。

 

  • 業界最大手・業歴41年超
  • 全国18拠点(北海道・東北・関東・東海・近畿・中国・四国・九州)
  • 着手前に費用の総額を明示する明快な料金システム
  • 探偵の質と人数・機材・ネットワークの充実
  • メディア広報に力を入れている有名企業

 

原一の調査種別ランディングページ

原一探偵事務所は、調査の種類別に専門のページを作っています。

 

下記にそうしたページを集めたので、同社の取り組み姿勢を確認する上で参考にしてください。

 

ただし、これらのサイトは割引が効かないので、見るだけにしてください。

 

実際に相談や依頼をされる場合は、さらに下に掲載されている割引クーポンが効くサイトの方がお得です。

 

原一「行方不明人捜索」のページ

 

原一「行方知れずの相続人探し」のページはコチラ

 

原一「故人のお墓探し」のページ

 

基本料金50%OFFクーポン

クーポン

今、原一探偵事務所が当サイトの読者に対して、お得なクーポンを発行してくれています。

 

「当サイトでクーポンを見た」というだけで、基本料金が半額になります。

 

ただし、電話番号がクーポン識別番号を兼ねているので、下記リンク先の電話でないとクーポンが効きません。

 

無料相談(365日24時間)や調査の依頼は、下記リンク先の電話番号をご利用ください。

 

フリーダイアル: 0120-49-0091(割引クーポン有効番号)

原一探偵・基本料金50%OFFクーポン有効サイトはコチラ

 

原一探偵事務所が一番良いと思いますが、他の選択肢も検討してみたい方は下記サイトをご覧ください。

 

大手探偵社・有名興信所ガイド

 

探偵業界は、大手は10社程度で、残りは膨大な零細企業がうごめく世界です。

 

公安委員会への探偵業届出は5,670社(平成25年度警察庁資料)もありますが、実際に活動しているのは半数以下。

 

その半数の中でもしっかりした探偵社は少数派です。

 

全国に10以上の支社を持つ大手となると、数えるほどしかありません。(※)

 

※100以上の拠点があると主張する探偵社がありますが、フランチャイズであってひとつの企業ではありません。

 

低品質な探偵や悪徳探偵も少なくありません。

 

例えば、自社の相談室すら持っていなくて、喫茶店やファミレスでプライバシー垂れ流しの打ち合わせをする。

 

時間ばかりかかって、旅費交通費はじめ後からとんでもない請求をしてくる。

 

あるいは、やっと相手が見つかった段階で、情報引き渡しの条件として事前に話のなかった巨額の成功報酬を要求してくる・・・

 

料金の安さも気になりますが、まずは調査力あっての話。

 

賢く選んでいただきたいと思います。

 

行方不明人捜索に実績ある大手有名探偵社はコチラ(割引クーポンあり)